blincvase

blinctoppage

大きな声で言いにくいのですが、私、度付メガネ作りました。

dsc_0368

昨年、私事ですが度付きメガネを作ってみました。
正直申しますと、私、目が悪くありませんでした。

よくお客様に「目はどのくらい悪いんですか?」と聞かれて、「実は目は悪くないのです。」と答えて、驚かれる事があります。私にとって、メガネは長年ダテメガネで、ファッションとして、自分の雰囲気を変えるためのアイテムでした。

そんなダテメガネ愛用者の私がメガネを作ったのには訳があります。
「夕方や夜になると看板や標識などの文字が見えづらくなる」
「駅のホームで看板や電光掲示板を見ていると文字が見えづらい」
「夜車を運転しているとヘッドライトが眩しい」

dsc_03681

私の中で「まだ見える」と、見慣れた場所でいつも見ている看板や街並のためか、さほど気にしていませんでした。
ただ、去年あたりから「初めて行く場所で標識や看板が見えない。」「映画館で見る映画の字幕が読みにくい。」と目を細めている自分がいました。

実はブリンク・ベースにはメガネ業界歴20年近くになるスタッフがいますので、せっかくなので時間をかけてしっかりチェックしてもらいました。まず視力チェックをすると、視力1.2が見えていたのがなんと0.9まで落ちていました。

そしてその大きな原因は「乱視」でした。
目の良い方も耳にした事はあるかもしれませんが、目のお悪い方の中でも「近視」はよく聞くワードで、「乱視」についてはあまり良くわからないという方も多いと思います。

全体が滲んでとにかく見えないという近視に比べ、縦方向、横方向、斜め方向などの決まった一方向だけがボヤケて見える乱視は、目を細めるなりして無理すれば見えてしまうので、かえって疲れがたまりやすいです。また無理すれば見えるということから発見が遅くなることも多いです。

dsc_0397

さらに詳しい測定の結果、目のピントを合わせる機能が弱くなっていることも判明してしまい、その対応もすることにしました。
確かに、夜、パソコンで事務作業をしていると、画面上の文字が離れて見えてしまうこともあり困っていました。

お気に入りのダテメガネに度付レンズを入れることにして、実際に掛けてみると、弱い度数ながらも度付特有の歪みが気になりました。
ちょっと心配になり、測定してもらったスタッフに確認したところ、「気にするな、すぐ慣れる、俺を信じろ」とのこと。そこまで言われたらしょうがないので、そのまま掛けていたらすぐに慣れてしまいました。

それまでは、頑張って目を凝らして見ていたせいで知らないうちに疲れがたまっていたのか、目の近くがピクピク軽く痙攣していたのです。メガネを掛けるようになってからは気づけば無くなったように思います。

また、私の場合は「乱視」でしたが、他にも「近視」や「遠視」「老眼」など見え方にまつわる事は様々です。最近、目が悪くなったと感じてらっしゃる方は是非一度ご来店いただければと思います。
「ブログを見た」といっていただければ無料で視力チェックいたします。

Photo: Kota Takakuwa
Text: Akihiro Honda

[hupso title="My title" url="http://www.hupso.com/share/"]
2016-01-18 | タグ:  

関連記事