デザイナーが語った、CUTLER AND GROSS|カトラー アンド グロス の魅力。

blinc brands CUTLER AND GROSS

cgy41

この写真は、僕がブリンクで働き始めた9年程前に作った、昔のカトラー アンド グロスの眼鏡 モデル「0853」です。当時、デザイナーのマリー・ウィルキンソンが来日した際、僕にこんな話をしてくれました。

「カトラー アンド グロスでは、眼鏡をデザインする時に、まずそのフレームを掛けている人物を想像するところから始めるの。どんなキャラクターをしていて、どんなものが好きか。」

「あなたの掛けているモデル「0853」は、音楽を愛している、熱狂的なレコードコレクターをイメージしてデザインされているの。部屋の中はレコードで一杯で、いつも音楽にあわせて踊っているわ。」

cgy5

実際に音楽が好きでレコードを集めていた僕は、それを聞いてますますそのカトラー アンド グロスのフレームに愛着が湧いたのを覚えています。
人物をイメージして、そこから眼鏡のレンズシェイプやサイズ、色を決めていく。そんな手法でデザインしているブランドは初めてでしたし、自分のキャラクターとその眼鏡フレームの背景がぴったり合ったことで、大袈裟ですが眼鏡に「選ばれた」ような気がしたのです。
そこで、僕も店頭に並んでいるカトラー アンド グロスの眼鏡を見て、掛けている人物を勝手に想像してみました!!

cgy1
CUTLER AND GROSS|カトラー アンド グロス
PRODUCT NAME: 0772
COLOR: GB-C
PRICE: 44,280 yen (w /tax)

costelo
モデル「0722」から想像するのは、イギリスを代表するミュージシャン、エルヴィス・コステロです。
デビュー当時のルックスは、細身のスーツか三つボタンのジャケットに、顔からはみ出そうな大きな黒ぶちの眼鏡。それが、一度演奏を始めると、優等生然とした見た目からは想像もつかないような攻撃的でパンキッシュな曲調がとても格好良いのです。
モデル「0722」のやや吊り上がって、かつ下に深いたっぷりしたレンズシェイプは、コステロが掛けていた黒ぶちの眼鏡のイメージと重なります。

cgy22
CUTLER AND GROSS|カトラー アンド グロス
PRODUCT NAME: 0932
COLOR: B
PRICE: 43,200 yen (w /tax)

woody
もう一つのモデル「0932」はアカデミー賞受賞監督、そして俳優としても名高い映画人ウディ・アレン。うだつの上がらない男を演じさせたら一級品の彼のトレードマークも黒ぶち眼鏡です。
時代によって様々な眼鏡を掛けているアレンですが、近年はもっぱらカトラーアンドグロスの「0932」によく似た、丸みのあるクラシックな細身のウェリントンを掛けています。
目立ちすぎず、顔に馴染んで程よく主張するデザインは、いかにも彼の演じる繊細で才能溢れる役柄の人物像にぴったりです。

眼鏡から、掛けている人物を想う。カトラー アンド グロスは、僕に新しい眼鏡の楽しみ方を教えてくれました。ブリンクでも、ブログをご覧いただいている皆様にそうした楽しい眼鏡選びのお手伝いが出来ればと思います。自分の中での「特別な一本」をお探しなら、ぜひブリンクにいらして下さい。

ブリンク
〒107-0062
東京都港区南青山2-27-20 植村ビル 1F (MAP)
TEL:03-5775-7525
EMAIL:SHOP@BLINC.CO.JP
営業時間:11:00 – 20:00
定休日:月曜日

Photo: Toshiyuki Araoka
Illustration:Mai Nagao
Text: Naoto Yazawa

BRANDS

#
    A
    B
    C
    D
    E
    F
    G
    I
    K
    L
    M
    N
    O
    P
    R
    S
    T
    V
    W
      Y