blincvase

blinctoppage

BLOG

MADE IN NYC「A piece of New York」 LOWERCASE ローンチイベントのお知らせ

ブリンク ベースでは、ニューヨークのブルックリンに製造拠点を持ち、2016年に立ち上げた
アイウエアブランド、LOWERCASE | ローワーケースを新しく取り扱いを始めました。

LOWERCASE | ローワーケースは、、現在では珍しくアメリカ国内(ニューヨークのブルックリン)に自社工場を持ち、デザインから製造まで一貫して自分たちで行っております。

アメリカ国内での眼鏡の製造は、1970年代以降のアメリカの産業構造の変化により、
他の製造業と同様に衰退の一途を辿っていました。
しかし、ここ最近の新しい動きとして、様々な業種で若者を中心にアメリカ国内でのモノづくりが
至る所で再び行われ始めております。

LOWERCASE | ローワーケースも、その流れを汲んでおり、アメリカ国内での眼鏡の製造を
取り戻すことを1つのミッションとしています。

また、ニューヨークの地に根張り、街の地域性、歴史、カルチャーなどが、
眼鏡のデザインのリソースに自然と融合しております。

LOWERCASE | ローワーケースが作る眼鏡を掛けることは、彼らの言葉で言うと、
「a piece of New York」(ニューヨークの一部分)を身にまとっているのです。

LOWERCASE | ローワーケース
PRICE:  33,760yen(w/tax)〜

ブリンク ベースでは、LOWERCASE | ローワーケースの取り扱い開始を記念したローンチイベント
として、LOWERCASE | ローワーケースの数多くのモデルをご覧いただける機会を設けさせていただきました。
ブリンク ベースで買い付けた商品とは別に、日本では見ることの出来ないたくさんのモデルのサンプルをご用意して受注会を行います。

詳細は、以下の通りです。

「A piece of New York」
LOWERCASE | ローワーケース ローンチイベント
日時 2018年10月20日(土)より11月18日(日)まで
定休日 月曜日(祝日の場合は振替で火曜日休業)
時間 平日12:00~20:00 土日祝日11:00~20:00
会場 ブリンク ベース

ぜひ実際にお手にとってニューヨークのバイブスを感じいただけましたら幸いです。

blinc vase|ブリンク ベース
〒107-0061
東京都港区北青山3-5-16 1F(MAP)
OPEN:平日 12:00~20:00 / 土日祝日 11:00~20:00
CLOSE:月曜日(祝日の場合は振替で火曜日休業)
TEL:03-3401-2835
Mail:vase@blinc.co.jp

 

MEGANEROCK | メガネロックが、アセテートにロックオン。


昨年秋、「ミスタークラフツマン」と題して、ブリンク外苑前&ブリンク ベースでそのコレクションをフィーチャーしたMEGANEROCK | メガネロック。そのデザイナーである雨田大輔さんは、眼鏡職人でもあり、デザインから眼鏡の加工までをほぼ全て一人で行い、この世にひとつの眼鏡を作ってしまう。これまで、セルロイドを用いて唯一無二のオリジナリティを発揮してきた彼が、この度、新作に選んだのは、なんとアセテート。なぜいま? ブリンクマネージャー・矢澤が雨田さんの考えに迫ります。

矢澤直人:今回の新作は、セルロイドではなくアセテート。素材のお話を聞きたいのですが、その前に、かたちもとても気になります。インスピレーションはどこから?


MEGANEROCK | メガネロック
PRODUCT NAME: VECTOR/001
COLOR: BRS, BK, CGY
PRICE: 34,560yen(w/tax)

雨田大輔:1984年に行われたロサンゼルスオリンピックの写真集が新作のデザインのきっかけなんです。ランナーの中に、大きめのメタルフレームを掛けている人がいたんですよね。いまではスポーツサングラスというと、細長いものが主流ですけど、当時は、大きめのクラシックなタイプのアイウェアをスポーツシーンで掛けていた。それがとても新鮮で。

矢澤:シュッとしたデザインのスポーツアイウェアではなかったんですね。

雨田:なにより、サイズ感がかっこいいんですよね。僕は、80年代のヒップホップ・ファッションのスナップを集めた『Back in the Days』という写真集もすごく好きなんですけど、ああいうかんじもよみがえってきて。だから新作の001モデルは、80年代がインスピレーションですね。

矢澤:大きめのサイズ感で掛けてもらうかんじですね?

雨田:小顔の人が大きめを掛けていた80年代のバランス感というか、でも派手になりずぎすに掛けられるものをと思いました。


MEGANEROCK | メガネロック
PRODUCT NAME: VECTOR/002
COLOR: NV, BLGY, KH
PRICE: 34,560yen(w/tax)

矢澤:002も面白いかたちです。かなり縦長な逆三角形のフレームですね。

雨田:002のインスピレーションは、ギターのピックなんです。

矢澤:ああ、なるほど。でもそういうアイテムからデザインソースをひっぱってくるデザイナーさんて、眼鏡業界にはあまりいないような気がしますね。アパレルなど別の業界からこの世界に入ってきた雨田さんならではの発想かもしれません。

雨田:ちょっと縦が長めですけど、男女問わず、掛けてもらえるかなと思います。ブリンクさんのフェアでお客様に掛けてもらって感想を聞くのも楽しみですね。

矢澤:今回、これまでこだわっていたセルロイドから、アセテートに素材を移行したんですね。

雨田:4年間、MEGANEROCK | メガネロックをやってきて、新しいことをしてみたいというのが一番の理由ですね。

矢澤:実際にアセテートを扱ってみてどうでしたか?

雨田:扱いやすさは、セルロイドとほとんど変わりませんが、なによりも発色が綺麗ですね。セルロイドの良いところは、深みのあるツヤ。それにこだわっていましたけど、アセテートを磨いてみるとこれはまた別の魅力があって、とてもいいなと。あとは、素材の質が高く品質にブレがないことも、作る上では重要です。改めてアセテートの良さを実感していますね。

矢澤:アセテートは、やはり、扱いやすいんですね。

雨田:そうですね。それから、嬉しかったのは、アセテートでやってみようと行動に移したことで、これまで出会っていなかった眼鏡業界の方とのつながりがたくさん増えていったことです。加工業者さんや職人さんに、知らなかった技術を見せてもらえたり、思った以上に新たな付き合いが増えて世界が広がりました。

矢澤:デザインから加工、製作は、これまで通りお一人で?

雨田:はい。基本的にこれまでと変わらず、カーブ付けや内径と外径の切削、アセテートの場合はテンプルの内側に芯を入れる芯張りなど以外は、基本的に一人でやっています。

矢澤:芯張りの先の部分が、MEGANEROCK | メガネロックのロゴにもある矢印になっているんですよね。それから、フレームとテンプルが交わるところの芯金を、合口まで貫通させない細部のこだわりにも気づきましたよ。さすがです。

雨田:経年しても最初のかたちを留めてほしいと思って、そのあたりは気を配りました。

矢澤:お一人でやっているからこそ、細かいところまでこだわれるというのもありますね。

雨田:メガネの産地である福井県の鯖江でやっていますけど、職人さんは減っていく一方なんですよね。それを感じるからこそ、職人さんとのつながりも増やしていって、技術を継承させてもらえたらと思っています。分業で大きな工場で作るというのは、だんだん難しくなるかもしれないですけど、僕のように一貫して一人で作るという場所を増やしていけたらいいのかなと思いますね。アセテートの新作をきっかけに、いろいろな方と交流することになって、その思いはより強くなりました。

ブリンク ベースでは、MEGANEROCKのアセテートモデルの新作2型、全色が並びます。
たくさんの方に掛けてみていただきたいです!ぜひお立ち寄りください。

Text&eEdit:Saiko Ena

 

blinc vase|ブリンク ベース
〒107-0061
東京都港区北青山3-5-16 1F(MAP)
OPEN:平日 12:00~20:00 / 土日祝日 11:00~20:00
CLOSE:月曜日(祝日の場合は振替で火曜日休業)
TEL:03-3401-2835
Mail:vase@blinc.co.jp

2018-09-30 | Posted in BLOG, 入荷情報 | タグ:  

 

9/30(日) 台風に伴う閉店時間変更のお知らせ

本日9/30(日)は台風の接近に伴い、
閉店時間を18:00とさせていただきます。
ご迷惑をおかけしますが、どうぞ宜しくお願いいたします。

明日 、    10/1 (月)は、定休日となっております。
明後日 、10/2(火)より通常営業いたします。
またのご来店をお待ちしております。

blinc vase|ブリンク ベース
〒107-0061
東京都港区北青山3-5-16 1F(MAP)
OPEN:平日 12:00~20:00 / 土日祝日 11:00~20:00
CLOSE:月曜日(祝日の場合は振替で火曜日休業)
TEL:03-3401-2835
Mail:vase@blinc.co.jp

2018-09-30 | Posted in BLOG |  

 

『サワー天国 ~恋も酒も泡にまみれて~』RUTTEN_


ブリンク外苑前とブリンク ベースの姉妹店として、今年2月にオープンした、コーヒーとお酒を楽しむ店「RUTTEN_(ルッテン_)」。

御徒町にある店内の厨房では、オリジナルサワー(発砲のお酒)の研究を日々行っています。
その成果により誕生したオリジナルサワー各種を提案するイベント『サワー天国 ~恋も酒も泡にまみれて~』を、2018年8月8日(水)から31日(金)にかけて開催いたします。


『パイナップルのシロップを使ったサワー』


『レモンサワー 2.0』

本イベントでは自家製パイナップルシロップを使用したサワーを初披露するとともに、定番のサワーを含め、合計13種類をご提供します。
またサワーのゴロ(38)にあわせて、コースターを3枚集めた方にはオリジナル缶バッチ、8枚集めた方にはルッテン_特製のグラスをプレゼント。


『サワー天国』Tシャツ
サイズ展開:S、M、L、XLの4サイズ
価格:4,320yen(w/tax)


『サワー天国』巾着
価格:810yen(w/tax)

また期間中、本イベントのメインビジュアルを使用した、Tシャツ、キャップ、巾着ポーチなど、オリジナルグッズも発売予定。メインビジュアルのイラストは、ブリンク外苑前とブリンク ベースに勤務しながら、イラストレーターとしても活動をしている、ナガオ マイが担当し、さわやかで甘酸っぱい“はじまったばかりの恋”をイラストで表現しました。

暑熱耐え難きこの頃ですが、ルッテン_の爽やかなサワーで夏を楽しんでいただけたら幸いです。

 

イベント名:『サワー天国 ~恋も酒も泡にまみれて~』(#サワー天国)
会場 :RUTTEN_(ルッテン_)
開催期間:2018年8月8日~8月31日 (8月12日~15日までお盆休み)
※奇数週の土曜と毎週日曜日が休みのため、期間中の休みは8/12~15,18,19,26です。
住所:東京都台東区上野5-5-10 1F
電話:03-6284-2675
営業時間:11:00~22:00(L.O.21:30)
instagramアカウント:https://www.instagram.com/rutten_ueno5/
Twitterアカウント:https://twitter.com/rutten_ueno5

2018-08-10 | Posted in BLOG |  

 

7/24(火)、8/9(木)社員研修のための臨時休業のお知らせ

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、誠に勝手ながら弊店では、7/24(火)、8/9(木)を社員研修のため休業とさせていただきます。

・7月の休業日
7/23(月)、24(火)、30(月)
・8月の休業日
8/6(月)、9(木)、13(月)、20(月)、27(月)

 

なお、ブリンク外苑前は毎週月曜日の定休日のほか、下記の日程を休業いたします。
7/25(水)、8/10(金)
※ブリンク ベースと休業日が異なります。

皆さまにはご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承のほど宜しくお願いいたします。

 

blinc vase|ブリンク ベース
〒107-0061
東京都港区北青山3-5-16 1F(MAP)
OPEN:平日 12:00~20:00 / 土日祝日 11:00~20:00
CLOSE:月曜日(祝日の場合は振替で火曜日休業)
TEL:03-3401-2835
Mail:vase@blinc.co.jp

2018-07-19 | Posted in BLOG, INFORMATION |  

 

“Who needs SUN for ENALLOID?”エナロイドのサングラスを中心に取り揃えたPOP UP イベント開催

岐阜県の中津川で品質にこだわった物作りを行っている工場、恵那眼鏡工業のファクトリーブランド、ENALLOID | エナロイド。
本格的な夏を迎えるこの時期、今すぐにかけられるおすすめのサングラスを中心に取り揃えたPOP UPイベントを開催いたします。

イベント開催に合わせ、広告、雑誌のモデルとして活躍する琉花さんが、16歳から19歳までフィルムカメラを片手に世界各国を旅した写真をカメラマン『luka』として発表していただく小さな写真展を同時開催。夏休みの前に一足早くバカンス気分を味わっていただけます。なお、展示されている作品はご購入いただくことができます。

期間中にENALLOIDのフレームをお求めいただいたお客様には、琉花さんが訪れた中の世界6都市(メルボルン、ウィーン、ロンドン、パリ、ポートランド、スリランカ)の作品10点を落とし込んだENALLOIDオリジナルのメガネ拭きをプレゼントいたします。
(セリートにプリントされている写真の選択は、先着順になりますのでご了承ください。)


ENALLOID | エナロイド
PRODUCT NAME: ENALLOID luka(メガネ拭き)
CITY: Portland
PRICE: 1,620yen(w/tax)


ENALLOID | エナロイド
PRODUCT NAME: ENALLOID luka(メガネ拭き)
CITY: London
PRICE: 1,620yen(w/tax)

メガネ拭きは単体で購入いただくこともできますので、プレゼントにもおすすめです。
みなさまのご来店をお待ちしております。

 

イベント概要
“Who needs SUN for ENALLOID?”
期間:6月29日(金)~7月22日(日)※ご好評につき会期延長いたしました!
会場:ブリンク ベース
同時開催:HOEK(フーク)http://www.hoek.jp/
※こちらでもlukaさんの作品がご覧いただけます。2つの会場では異なる作品を展示しておりますので、両方ご覧いただくことでよりlukaさんの世界観を感じていただけます。

 


luka プロフィール
モデル・琉花として、広告・雑誌・MVなどで活動しながら、
カメラマン・lukaとしても始動。
フィルムカメラを片手に、写真を撮るために旅を始めた2014年からの作品を展示した写真展『VOYAGE 2014-2017 luka』を、2017年8月に開催。
instagramアカウント:@tokyodays_luka

 

blinc vase|ブリンク ベース
〒107-0061
東京都港区北青山3-5-16 1F(MAP)
OPEN:平日 12:00~20:00 / 土日祝日 11:00~20:00
CLOSE:月曜日(祝日の場合は振替で火曜日休業)
TEL:03-3401-2835
Mail:vase@blinc.co.jp

2018-06-28 | Posted in BLOG, EVENT | タグ:  

 

6月1日(金)より発売 二俣公一氏デザイン「Elder_ARAOKAGANKYO」2018年夏限定のサングラス


アイウエア専門店「ブリンク外苑前」、「ブリンク ベース」を運営する有限会社荒岡眼鏡は、オリジナルアイウエア「Elder_ARAOKAGANKYO(エルダーアラオカガンキョウ)」の2018年夏限定のサングラスを2018年6月1日(金)より発売いたします。

2017年6月に発売した「Elder_ARAOKAGANKYO」は、昨年創業77周年を迎えた荒岡眼鏡の記念モデル。初期の荒岡眼鏡の売上を大きく支え、創業者・荒岡秀吉が生涯愛用した「ブロウライン」と呼ばれる眼鏡をもとに、空間/プロダクトデザインにおいて国内外で活躍する二俣公一氏がデザインを担当。

一般的にブロウラインのデザインといえば、メタル素材とアセテート素材のコンビネーションで知られていますが、二俣氏はアセテート素材のみを使用し、独自の造形美によってブロウラインを再解釈。福井県鯖江市の眼鏡工場「Taniguchi Optical」の高い技術力が呼応し、Elder=「長老」と名を冠したモデルが産声を上げました。発売以来、お客さまにも好評で度重なる追加生産をしております。


2018年夏限定のフレームは(色名:タイムレスクリア)、エイジングを施したように黄味がかった、レトロ感溢れるクリア色が特徴です。アセテート素材は純度が高く、硬質で経年劣化も少ない、国内で生産を行う「タキロン・ローランド」のものを使用しています。透明感のあるクリアカラーによる上下のカッティングはまるで宝石を見ているような光の屈折を楽しむことができます。

 

【1943年創業、オーエムジー(旧・大阪眼鏡硝子)のガラスレンズを使用】
今回のレンズカラーは2色。ガラス製レンズに特化した日本屈指の光学ガラスメーカー「オーエムジー」(旧・大阪眼鏡硝子)のものを採用しました。着用時にはガラスレンズの特性(色が美しく、強度があり経年劣化が少ない)を感じていただけます。


スモークグリーンのレンズ(レンズ名:LIGHT ABSORBING BLACK)は、ヒトには有害光線とされている「紫外線」「赤外線」を全て濃いグリーンの色調はヒトの目にはとても馴染みやすいカラーで、自然な色合いながらも眩しさだけを大幅にカットするものです。


ブラウンのレンズ(レンズ名:LIGHT BALANCING BROWN)は、カメラ用の「色温度交換フィルター」に使われている材料を転用。日陰や曇りの日の青っぽい景色を暖かみのある自然な見え方に変換するレンズです。


テンプルの内側には、グラフィックデザインを基軸にさまざまなジャンルで活躍する長嶋りかこ氏(village®)によるロゴデザインが施されています。

数量限定での販売となります。

Online Storeの商品ページはこちらから

※ブロウライン
「ブロウライン」とは、顔の一部である眉をデザインソースとして、眼鏡のデザインに織り込んだものです。その誕生には諸説ありますが、1940年代に眉毛が薄くて悩んでいた方の「威厳を出したい」という思いから生まれたとも言われています。現在では知的な印象を与える定番のデザインとなりました。

 

【デザイナー紹介】

二俣公一
空間・プロダクトデザイナー
福岡と東京を拠点に空間設計を軸とする「ケース・リアル(CASE-REAL)」とプロダクトデザインに特化する「二俣スタジオ(KOICHI FUTATSUMATA STUDIO)」両主宰。1998年より自身の活動を始め、国内外でインテリア・建築から家具・プロダクトに至るまで多岐に渡るデザインを手がける。
http://www.futatsumata.com/
http://www.casereal.com/

-受賞、パブリックコレクション-
FRAMEアワード/Best Use of Material-Nominee(2018年、アムズテルダム)
Wallpaper* City Guides/10 Best Design(2017年、ロンドン)
JDCデザインアワード 金賞(2016年、東京)
Domusweb/Best of Japan(2016年、ミラノ)
Domusweb/Best of 2015 design(2015年、ミラノ)
Wallpaper* デザインアワード Best Domestic Design/High Five(2014年、ロンドン)
サンフランシスコ近代美術館 SFMOMA/永久所蔵品 選出(2011年、サンフランシスコ)
D&ADアワード/銀賞(2011年、ロンドン)
Restaurant & Bar Design Awards/Final Shortlisted(2011年、サンフランシスコ)
アジアデザイン賞/銅賞(2010年、香港)
福岡デザイン賞/優秀賞(2010年、福岡)
ARアワード/Commendations・2作品(2009年、ロンドン)
iida賞/Final Shortlisted(2009年、インチョン)
Best Store of The Year 18回/優秀賞(2009年、東京)
デジタルデザインオブザイヤー/金賞・審査員賞(2002年、東京)

 

【製品・販売店 詳細】

商品名 | Elder_ARAOKAGANKYO -2018 summer-
フレームカラー | タイムレス クリア
レンズ | LIGHT ABSORBING BLACK、LIGHT BALANCING BROWN
発売日 | 2018年6月1日(金)
販売店 | ブリンク外苑前、ブリンク ベース
価格 | 39,000円(税別)

 

【Elder_ARAOKAGANKYOについての関連記事】
プロダクトデザインに二俣公一氏を起用 創業77周年を記念し、オリジナルアイウエア「Elder_ARAOKAGANKYO」を発売(2017年)
http://blinc.co.jp/blincvase/archives/5997

WEBマガジン『フイナム』が「Elder_ARAOKAGANKYO」を紹介
「Elder_ARAOKAGANKYO」のデザインを手がけた二俣公一さんと弊社の荒岡俊行が対談形式で、完成までのいろいろなエピソードを、誌面上で丁寧に伝えてくださっています。
ぜひ下記のリンクからご覧ください。

「故きを温ね新しきを知る。荒岡眼鏡が創造したメガネのニュークラシック。」
http://www.houyhnhnm.jp/feature/88228/

blinc vase|ブリンク ベース
〒107-0061
東京都港区北青山3-5-16 1F(MAP)
OPEN:平日 12:00~20:00 / 土日祝日 11:00~20:00
CLOSE:月曜日(祝日の場合は振替で火曜日休業)
TEL:03-3401-2835
Mail:vase@blinc.co.jp

 

EYEVAN 7285|アイヴァン 7285 NEWコレクションのご紹介(後編)


EYEVAN の長い歴史を受け継ぎ、革新的なデザインを生み出し続ける EYEVAN 7285|アイヴァン 7285
新作のコレクション発売に先行して、今回はおすすめのサングラスのモデルをご紹介致します。


PRODUCT NAME : 156 (48)
COLOR : 901
PRICE : 59,400yen(w/tax)

156を2mmサイズアップしたサングラスモデルです。
0ベースのガラスレンズとシートメタルの質感の相性も抜群。
眼鏡とはまた違った印象を見せてくれます。

 


PRODUCT NAME : 717W (48)
COLOR : 1250
PRICE : 47,520yen (w/tax)

フロントはセル巻きで全て覆わず、あえて金属部分を少し見せるという、細かい設計で構成されています。あくまでさりげなく、でも存在感を残すフレームです。

 


PRODUCT NAME : 768
COLOR : 103
PRICE : 59,400yen(w/tax)

日本ならではの高い技術力でチタン板を封入したフロントは、薄いアセテートながら変形しずらく、しっかりとした掛け心地です。完成度の高い鎧パーツから伸びるテンプルも美しいです。

 


PRODUCT NAME : 769
COLOR : 4071
PRICE : 59,400 yen(w/tax)

トレンドでもあるツーブリッジもEYEVANならでは細かいこだわりが詰まっています。
フロント上部をナイロールで固定し、ブリッジ部分がとてもすっきりと癖のない印象です。

 


PRODUCT NAME : 770
COLOR : 3340
PRICE : 47,520yen(w/tax)
角のない、少々垂れたようなウェリントン型が、掛けたときに独特の表情を作り出します。
ぽってりとボリュームのあるセルフレームで今の気分にちょうど良いです。

EYVAN7285|アイヴァン 7285 の深いこだわりを感じていただけたでしょうか?
今回のコレクションは、パステルなどの明るいカラーバリエーションも多いので、
普段とは違う、意外な色に挑戦してみても良いかもしれません。

 

Text: Mai Nagao

 

blinc vase|ブリンク ベース
〒107-0061
東京都港区北青山3-5-16 1F(MAP)
OPEN:平日 12:00~20:00 / 土日祝日 11:00~20:00
CLOSE:月曜日(祝日の場合は振替で火曜日休業)
TEL:03-3401-2835
Mail:vase@blinc.co.jp

2018-04-27 | Posted in BLOG, 入荷情報 | タグ:  

 

EYEVAN 7285|アイヴァン 7285 NEWコレクションご紹介(前編)


EYEVAN の長い歴史を受け継ぎ、革新的なデザインを生み出し続ける EYEVAN 7285|アイヴァン 7285。
待ち遠しいNEWコレクションの発売に先駆けて、まずは眼鏡からおすすめのモデルをご紹介します。

 


PRODUCT NAME : 153
COLOR : 909
PRICE : 47,520yen(w/tax)

ブロータイプを思わせるトップパーツから、レンズの上下にナイロール糸をはわせ、まるでリムレスのようにすっきりとしたフロントに仕上げています。
テンプル素材はβチタンを使っているので、圧迫感のない快適なかけ心地です。

 


PRODUCT NAME : 156
COLOR : 800
PRICE : 50,760yen(w/tax)

強度の優れたチタンのシートメタルにミル打ちのプレスを丁寧に施しています。
どうしても目立ってしまうレンズ止めのネジは、高い技術力で鼻裏側に自然に収めています。やや高めの位置についた智元のバランスも絶妙です。

 


PRODUCT NAME : 418
COLOR : 409
PRICE : 54,000yen(w/tax)

薄いプラスチックのフロントに、チタン板をラミネートの要領で挟み込んでいます。
クリアのカラーは装飾が透けて品の良さが漂います。テンプルも全てプラスチックで覆い、あくまでセルフレームの印象を強めています。

 


PRODUCT NAME : 560
COLOR : 8120
PRICE : 50,760yen(w/tax)

153同様、Wナイロールという新たな製法を使い、ミニマムな見た目を追求しています。
アセテートとコンビネーションなので、個性を感じさせつつ、気軽に合わせられるアイテムです。

 


PRODUCT NAME : 641
COLOR : 1163
PRICE : 50,760yen(w/tax)

ダルマリムの上面だけをカットし、セルの厚みを抑えるEYEVAN7285|アイヴァン 7285ならでは製法など、細部への気遣いが感じられるフレームです。クラウンパント型とサーモントという、クラシック同士の組み合わせが、逆に新鮮でモダンな雰囲気を生みだしています。

 


PRODUCT NAME : 756
COLOR : 103
PRICE : 45,360yen(w/tax)

ボストン型の定番でもある、キーホールのデザインを無くしているため、洗練された仕上がりです。
丁度いいサイズ感で、デイリーにかける眼鏡としても最適です。

 

ブリンク ベースでは今回のコレクションをほぼフルバリエーションをご覧頂けます。
ゴールデンウィークのお休みに合わせて是非お越しくださいませ。
明日はサングラスのご紹介です。お楽しみに。

 

Text: Mai Nagao

 

blinc vase|ブリンク ベース
〒107-0061
東京都港区北青山3-5-16 1F(MAP)
OPEN:平日 12:00~20:00 / 土日祝日 11:00~20:00
CLOSE:月曜日(祝日の場合は振替で火曜日休業)
TEL:03-3401-2835
Mail:vase@blinc.co.jp

2018-04-26 | Posted in BLOG, 入荷情報 | タグ:  

 

2018年 ゴールデンウィーク営業のお知らせ

平素より皆様には格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

ゴールデンウィークは5月1日(火) , 7日(月)のみ休業致します。
その他のウィークデイ、祝日、週末は通常営業しております。

なお、オンラインストアはゴールデンウィーク期間中もご注文いただけますが、ご注文いただいた商品の発送、お問い合わせの回答に関しましては5月8日以降、順次ご対応させて頂きます。

4/28(土) OPEN 11:00 - 20:00
4/29(日) OPEN 11:00 - 20:00
4/30(月) OPEN 11:00 - 20:00
5/01(火) CLOSE
5/02(水) OPEN 12:00 - 20:00
5/03(木) OPEN 11:00 - 20:00
5/04(金) OPEN 11:00 - 20:00
5/05(土) OPEN 11:00 - 20:00
5/06(日) OPEN 11:00 - 20:00
5/07(月) CLOSE
5/08(火) OPEN 12:00 - 20:00

ご不便をお掛け致しますが、何卒ご理解の程お願い申し上げます。

みなさまのご来店、スタッフ一同心よりお待ちしております。

ブリンク ベース

2018-04-24 | Posted in BLOG |  

 

Elder_ARAOKAGANKYO | エルダー_アラオカガンキョウ 再入荷、本日より販売開始。


昨年6月に荒岡眼鏡の77周年を記念して、プロダクトデザインに二俣公一氏(KOICHI FUTATSUMATA STUDIO)を迎え2年の歳月をかけて製作したElder_ARAOKAGANKYO | エルダー_アラオカガンキョウが、再び入荷しました。

前回の生産では予約の段階でカラーによって完売し、発売日開始時にはカラーによって欠品するという事態になってしまいましたが、3回めの生産分が仕上がり、全4色のフルバリエーションが揃いました。


今回は、予約販売は行わずに本日より店頭で販売開始させていただきます。
また、特定のカラーによっては欠品することも予測されますので、前回に続きなるべくお早めにご検討をお願い申し上げます。

Elder_ARAOKAGANKYO | エルダー_アラオカガンキョウ
スタンダードタイプ
PRICE:39,960yen (w/tax)


Elder_ARAOKAGANKYO | エルダー_アラオカガンキョウ
サングラスタイプ
PRICE:42,120yen (w/tax)

製品撮影|野町修平(Apt)

関連記事

「Elder_ARAOKAGANKYO」の商品詳細
「Elder_ARAOKAGANKYO」の商品詳細につきましては、下記のリンクからご覧いただけます。
プロダクトデザインに二俣公一氏を起用 創業77周年を記念し、オリジナルアイウエア「Elder_ARAOKAGANKYO」を発売

プロダクトデザインに二俣公一氏を起用 創業77周年を記念し、オリジナルアイウエア「Elder_ARAOKAGANKYO」を発売

WEBマガジン『フイナム』に以前にご紹介いただいた記事
「Elder_ARAOKAGANKYO」のデザインを手がけた二俣公一さんと弊社の荒岡俊行が対談形式で、完成までのいろいろなエピソードを、誌面上で丁寧に伝えてくださっています。
ぜひ下記のリンクからご覧ください。

「故きを温ね新しきを知る。荒岡眼鏡が創造したメガネのニュークラシック。」
http://www.houyhnhnm.jp/feature/88228/

その真価をぜひ実際にお手にとってご覧ください。ご来店を心よりお待ちしております。

blinc vase|ブリンク ベース
〒107-0061
東京都港区北青山3-5-16 1F(MAP)
OPEN:平日 12:00~20:00 / 土日祝日 11:00~20:00
CLOSE:月曜日(祝日の場合は振替で火曜日休業)
TEL:03-3401-2835
Mail:vase@blinc.co.jp

 

C.W.DIXEY & SON 入荷のお知らせ

「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」が日本でも公開され、注目を集めている中、劇中でも使用されているC.W.DIXEY & SON | シー ダブリュー ディキシー アンド サンの眼鏡が入荷いたしました。(チャーチルの足跡についてまとめたブログはこちら

C.W.Dixey&Son|シー ダブリュー ディキシー アンド サン
PRODUCT NAME:CHARTWELL 01
COLOR:B
PRICE:¥57,780(w/tax)

同ブランドにおいて代表モデルであり、劇中でも主演ゲイリー・オールド仕様に用意されたことでも話題のCHARTWELL 01。テンプルのデザインには、チャーチル自らも関わった品番です。

C.W.Dixey&Son|シー ダブリュー ディキシー アンド サン
PRODUCT NAME:CHARTWELL 02
COLOR:B
PRICE:¥57,780(w/tax)

ハーフアイタイプのCHARTWELL02。実は、01に次ぐ人気の品番です。残念ながら、近視度数が強めのお客様には使用が困難なのですが、”鼻眼鏡”として割切った形に愛着を感じさせます。

C.W.Dixey&Son|シー ダブリュー ディキシー アンド サン
PRODUCT NAME:CHARTWELL 11
COLOR:B
PRICE:¥57,780(w/tax)

今回が初の入荷となるCHARTWELL11。スクエアタイプですので、フォーマルから普段用、さらにリーディング用にも相性がいい、「ちょうどいいかたち」の品番です。

C.W.Dixey&Son|シー ダブリュー ディキシー アンド サン
PRODUCT NAME:CHARTWELL 22
COLOR:B
PRICE:¥57,780(w/tax)

最後にご紹介するのは、過去に数回だけひっそりと入荷し、運の良いお客様の手に渡っていきましたCHARTWELL22です。ヨーロピアンテイストが強い細身かつディティールのたったデザインが魅力です。是非お早めにお試し下さい。

いかがでしたか。映画もさることながら、C.W.DIXEY & SONの眼鏡は、英国の歴史と伝統をその身に確かに宿しています。1年間でも入荷が限られているこのタイミングに、是非お試しくださいませ。

Photo: Kota Takakuwa

Text: Yasushi Kato

【C.W. Dixey & Son | C.W ディキシー アンド サン】 オンラインストア商品ページはこちらから

 

販売スタッフ募集中!


「ブリンク」で 一緒に働いてみませんか?

□  メガネが好き!(でも伊達眼鏡だ。)
□  新しいことに敏感だけど、歴史あるものも好き。
□  楽しい事があれば進んで参加する。
□  周りに知られてないが、実は手先が器用だ。
□  面白い人とたくさん話してみたい。
□  笑顔がよく褒められる。 など

こんな方ならきっと楽しく仕事ができるはず!

興味のある方は、履歴書を送る前にお気軽にメールでご連絡ください。
応募の秘密は厳守しますので、とりあえずお話だけでもしたい方も大歓迎です。

 募集職種

正社員

 給与

前職の経験により応相談 経験者優遇

(未経験者の方も大歓迎)

*試用期間 3ヶ月有り

 仕事内容

メガネやサングラスの販売及び加工、修理

 勤務地

外苑前もしくは表参道

 勤務時間

11:00  20:00( 実働 8時間 昼休憩憩1時間 夕休憩 15分)

 選考について

一次選考:書類審査

写真付き履歴書/職務経歴書

二次選考:面接

次の選考ステップに進まれる方のみご連絡させていただきます。

取得した個人情報は、採用選考にのみ使用します。

不採用についての問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。

仕事の開始日は、前職との兼ね合いもございますので、相談に応じます。

■ 締め切り
  2018年6月15日(金)

 履歴書の送り先

「ブリンク オフィス」 担当 荒岡 俊行

107-0061 東京都港区北青山3-3-7 第一青山ビル2F

 問い合わせ

お問い合わせは、メールでお願いします。

STAFF@BLINC.CO.JP

担当 荒岡 俊行

2018-03-24 | Posted in BLOG, INFORMATION | タグ:  

 

ウィンストン・チャーチル その足跡を追う

多くの偉人を輩出したイギリスにおいて、国民によって投票された「100名の最も偉大な英国人」No.1に選ばれた人物こそ、ウィンストン・チャーチルです。彼については、世界最古の現存する眼鏡ブランドC.W.DIXEY & SON(シー ダブリュー ディキシー アンド サン)の眼鏡を愛用していたことでもご紹介いたしました(以前の記事はこちら)。そして3月30日(金)からは、『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』が日本でも公開され、首相就任からダンケルクの戦いまでの激動の4週間を見ることができます。そこで今回は、注目が集まるチャーチルの足跡を追ってみます。

【幼少〜青年期】

本名ウィンストン・レナード・スペンサー・チャーチルは、政治家であるランドルフ・チャーチルの長男として1874年に誕生します。学生時代は、傑出した成績ではなかったものの、詩を書くなど後の作家活動に通ずる才はこの頃から見られたそうです。陸軍士官学校に入学の後、父の死後は同じ政治家の道を志しますが落選。第二次ボーア戦争に従軍するも捕虜となりましたが、脱走に成功。このことが、当時劣勢であったイギリス軍の英雄譚となり、26歳で議員当選する足がかりとなります。以降、若くして商務大臣、さらには歴代2位の若さで内務大臣に就任するなど、30代で頭角を現していくこととなります。

海軍大臣であった1914年、第一次世界大戦が勃発します。指揮をとった「ガリポリの戦い」にて大損害を出し、一度は罷免されるも軍需大臣として再入閣。「戦車」の開発に尽力し「戦車の父」とも呼ばれるようになります。大戦終結後は、「The Word Crisis(世界の危機)」を執筆、印税を手にしたことでケント州にある「チャートウェル邸」を購入します。この邸宅は、C.W.DIXEY & SONの現行モデルの品番名ともなっています。

Gary Oldman stars as Winston Churchill in director Joe Wright’s DARKEST HOUR,

a Focus Features release.

【壮年期】

1939年、ドイツによるポーランド侵攻を皮切りに第二次世界大戦が勃発。ドイツ軍の侵攻によりフランスが降伏。ダンケルクの戦いを経て、チャーチル率いるイギリスでの本土決戦は、眼前まで迫っておりました。「バトル・オブ・ブリテン」と呼ばれた歴史上最大の航空戦は、数で圧倒的に勝るドイツ軍に対し、レーダーを駆使したイギリス軍の防衛力と、ヒトラーの失策によりドイツは撤退を余儀なくされます。緊迫する状況が続く中、チャーチルが愛煙していた葉巻を取り扱っているお店も空襲で被害にあいましたが、首相官邸に「あなたの葉巻は大丈夫です」と一報があったという、彼のキャラクターを垣間見れる逸話も残っています。

4106_D013_00374_CROP
(ctr) Gary Oldman stars as Winston Churchill in director Joe Wright’s DARKEST HOUR,

a Focus Features release.
Credit: Jack English / Focus Features

【晩年期】

1945年、辛くもイギリスは戦争に勝利します。チャーチルは大戦の模様を記した「第二次世界大戦」によりノーベル文学賞を受賞。また、エリザベス女王からは最高位であるガーター勲章を授与されるなど、偉大なる英国人として名を残し、1965年この世を去ります。

「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」では、主演ゲイリー・オールドマンが、今年度アカデミー主演男優賞を獲得。さらにメイクアップ&ヘアスタイリング賞を辻一弘氏が日本人初受賞。チャーチルに見紛うほどの特殊メイクは必見です。また、劇中において使用されている眼鏡は、チャーチルが使用したオリジナルを元に、ゲイリー・オールドマンに合わせてC.W.DIXEY & SONが用意したものであり、その他トレードマークとも言える帽子やボウタイからもリアリティーを存分に楽しむことが出来ます。イギリス好きの方だけでなく、英国紳士の嗜みも味わえるこの作品を、是非ご覧くださいませ。

『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』
330日(金)より、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
(C) 2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.


Text: Yasushi Kato

参考文献

・Barry Singer,『CHURCHILL STYLE』, ABRAMS IMAGE, 2012

・Neil Handley,『CULT EYEWEAR』, MERRELL , 2011

【C.W. Dixey & Son | C.W ディキシー アンド サン】 オンラインストア商品ページはこちらから

 

MARKS T | マルクス ティーMシリーズ入荷

昨年より取り扱いを開始し、その独創的な構造とデザインが人気を博しているドイツのブランドMARKUS T | マルクス ティーの新作が入荷いたしました。

MARKUS T | マルクス ティー
PRODUCT NAME : M3347(画像上)、M3344(画像下)
COLOR:520(画像上)、510(画像下)
PRICE:45,900yen (w/tax)

このブランドは、いくつかのカテゴリーがあり、今までは主にチタンフレームで構成されたDシリーズを展開していました。そして、今回新たに展開するMシリーズは、同ブランドが開発した、軽量かつ柔軟性があり変色・退色にも強い耐性をもつ樹脂素材”TMi”がフロントに採用されています。

近年では多くの樹脂素材が用いられるようになりましたが、機能性だけでなくデザインにも反映しているところがポイントです。平面的な樹脂の質感を、三次元的にカットしたアウトラインやカッティングによって、硬質で上質なプロダクトへと昇華させています。素材の特性を活かしデザインにするところに、ドイツらしさを強く感じます。

MARKUS T | マルクス ティー
PRODUCT NAME : M1074
COLOR:520(画像上)、510(画像下)
PRICE:43,200yen (w/tax)

MARKUS T | マルクス ティー
PRODUCT NAME : M1075
COLOR:520(画像上)、510(画像下)
PRICE:43,200yen (w/tax)

優れた素材や機能を用いたメガネは、もはや珍しいことではありません。現代における機能性の高いフレームは、その素材をどう見せるのか、そして生み出したブランドやその環境・地域性などのアイデンティティーを持ち合わせているか、というレベルまで求められていると思います。今回ご紹介したMシリーズを含め、MARKUS T | マルクス ティーには、ドイツの優れた技術力と美意識を確かに感じることができます。

Photo: Kota Takakuwa
Text: Yasushi Kato

2018-02-20 | Posted in BLOG, 入荷情報 | タグ:  

 

12345...