blincvase

blinctoppage

スタッフ新井からみたCUBITTS|キュービッツの魅力

【オンラインストアのみ 通常通り営業中】
ただ今、実店舗は休業しております。
blinc online store のみ通常通り営業中です。
入荷した商品も順次アップしております。
(送料無料キャンペーン実施中!)
https://blincwebshop.com/
オンラインストアに掲載していない商品、ご購入いただいたメガネの修理等に関するお問い合わせは、下記のメールアドレス、もしくは各店舗のSNSのDMにお気軽にご連絡をお願いします。
shop@blinc.co.jp
*実店舗の営業の再開については、SNS、ブログで改めてご案内致します。

いよいよ2度目となるイギリスの新進気鋭ブランドキュービッツのポップアップが33日からスタートしています。

キュービッツをまだご存知ない方はまずこちらからどうぞ。

http://blinc.co.jp/blincvase/archives/8134

今回のブログではメガネとイギリスプロダクトが好きな新井目線から見たキュービッツの魅力を3つの項目に分けてご紹介します。

 

①純正なイギリスブランド

私が思うキュービッツの最大の魅力はここにつきます。

イギリスの眼鏡ブランドは多数存在はしますが、ここまでイギリスの匂いが漂うブランドはなかなかありません。さてその匂いとはいったいどこから漂うのでしょうか。

イギリスのアイウェアデザインの魅力を詰め込んだファッションアイテムとしての側面は勿論、本国の直営店では視力測定やフレーム修理が可能な体制を整えることで、視力矯正器具として生涯サポートしてくれるキュービッツ。

『伝統と歴史を重んじ、理に叶ったアイテム永く使う』。キュービッツはこのイギリス人の国民性ともいえる理念を具現化した眼鏡ブランドといえるのではないでしょうか。

他にもイギリスの匂いを感じることができる要素は多数存在しますので、是非キュービッツのアイウェアを実際にお手に取って頂き、それを探してみてください。

きっと人それぞれ違うイギリスプロダクトの魅力を発見することができるはずです。

 

②豊富な展開

キュービッツには数多くのモデル数がある上に、カラー展開と更にはサイズ展開まで豊富に用意されているものもあります。ですから、セミオーダーするような感覚でフレームを選択することができるため、キュービッツだけで眼鏡選びを完結することができるのです。

これもスーツや靴などライフスタイルを誂えるというイギリス的感覚のように思えます。

 

③コストパフォーマンス

ブランド名の由来にもなっているイギリス人の建築家ルイス・キュービットが、かつてキングスクロス駅の構造の強度を高める為に考案した金属部品を模したバタフライ型のリベット。このブランドアイコンからも分かるように、キュービッツはクオリティに一切の妥協がありません。しかし、価格はレンズ込みで¥28,600(税込み)〜とリーズナブル。この価格だといつも保守的になってしまうメガネ選びも、少し違った視点でチョイスすることができるのではないでしょうか。

昨今高騰し続ける眼鏡の価格に疑問を投じ、挑戦的且つ革新的なキュービッツのコレクションは、未来の眼鏡のあり方を楽しみにさえ思わせてくれます。

 

いかがでしたか?

眼鏡が欲しいけど何をかけていいか分からない、そんな眼鏡迷子の方こそ是非一度当イベントにお越しください。

キュービッツなら必ずあなたの眼鏡欲を満たしてくれますよ?

CUBITTS | キュービッツ

PRODUCT NAME:BARBON

COLOR:DT

PRICE:¥28,600-(w/TAX)〜

 

CUBITTS | キュービッツ

PRODUCT NAME:BINGFIELD

COLOR:Black

PRICE:¥28,600-(w/TAX)〜

CUBITTS | キュービッツ

PRODUCT NAME:RUFFORD

COLOR:Quartz

PRICE:¥28,600-(w/TAX)〜

 

イベント名|HINAMATSURI(ヒナマツリ)
会場|ブリンク ベース
会期|2020年3月3日(火)~ 3月15日(日)
会期中の休業日|3月9日(月)
時間|平日 12時~20時、土日 11時~20時

 

blinc vase|ブリンク ベース
〒107-0061
東京都港区北青山3-5-16 1F(MAP)
OPEN:平日 12:00~20:00 / 土日祝日 11:00~20:00
CLOSE:月曜日(祝日の場合は振替で火曜日休業)
TEL:03-3401-2835
Mail:vase@blinc.co.jp

2020-03-10 | Posted in BLOG, EVENT | タグ:  

関連記事