blincvase

blinctoppage

上手く壊れる眼鏡、ターニング。荒岡眼鏡の別注色発売

3年の開発期間を経て実現した眼鏡
「上手く壊れる眼鏡」という眼鏡づくりに独自の哲学を持つ谷口眼鏡のオリジナルブランド、ターニングから、子ども用眼鏡フレームの高い安全基準で開発した大人用の眼鏡が発売されました。谷口眼鏡は、福井県鯖江市で1957年に創業し、高品質のフレームを作る日本屈指の眼鏡メーカーとして業界では知られています。

今回、開発された大人用の眼鏡を素晴らしさをご紹介する前に、そのもとになった子ども用眼鏡についてご説明させていただきます。

ぶつかった時の衝撃の「逃げ場」を作る

まず、ターニングの子ども用眼鏡は、ターニングの取引先に眼科が運営している眼鏡小売店が多いため、子どもが購入後も安心してかけられるフレームを作って欲しいという多くの要望があったことから約3年の開発期間を経て実現したそうです。

子どもが使用することを想定し、手荒に扱ったり、不意の衝撃で破損した時に修理し易いように設計。ぶつかった時の衝撃の「逃げ場」をテンプルとのつなぎ目「ヒンジ」に設けています。逃げ場がないと衝撃を吸収せずに部品全体が破損してしまいます。また、ヒンジに角度を付けることにより修理も容易になります。

子どもがよく壊すことを想定し、修理し易い長モダンを採用
また、テンプル(ツル)のアセテートは、簡単に抜けるようにしています。テンプルの内側の芯金が曲がってしまっても修理し易く、また外側のアセテートは交換せずに済むので修理代金を抑えることが出来ます。子どものサイズに合わせて、テンプルが長い場合は、約3ミリまで短くすることが出来ます。
芯金の素材には、軽量かつ腐食にも強い粘りのあるベータチタンを採用しているので、外側に広がっても弾力性がありしっかりと頭部を支えます。また、ニッケルアレルギーの心配がなく安心です。

独自の眼鏡づくりの哲学は「上手く壊れること」。
今回は、子ども用フレームで開発した高い安全基準で大人用のフレームを作りました。谷口眼鏡は、独自の眼鏡づくりの哲学を持っています。眼鏡づくりの着地点は、谷口眼鏡では掛け心地を良くすることに留まらず、「上手く壊れること」

守るべき順番は、「目→顔→レンズ→フレーム」。
フレームが壊れた時に、一番大事なのは目を傷つけないことを最優先に考えます。守るべき順番は、「目→顔→レンズ→フレーム」。その為に、フレームを頑丈に作ることが正解なのではなく、フレームが衝撃を上手に吸収するように壊れ方を重視しています。

「摩擦係数」を計算して、「後方重心バランス」を安定感のある掛け心地を実現
かけ心地にも独自のこだわりがあり、装用時にフレームが下にズレ落ちないように前後の重量を考慮して、「後方重心バランス」という考え方を採用しています。また、フロントのフレームには「前に飛び出す力」、サイドのテンプル(ツル)には「後ろへ引っ張る力」などがあり、その「摩擦係数」を計算して設計に反映されています。また、テンプル(ツル)のこめかみの周辺には、「圧力と垂直抗力」が拮抗しており、サイドは逃げながら支えることを実現しています。

荒岡眼鏡で別注色をつくりました。
ブリンク外苑前、ブリンク ベース、ルッテン_を運営する荒岡眼鏡では、そのTP333というパント(ボストン型)の方で別注色をつくりました。今回選んだ色は、明るいべっ甲色です。パッと見た感じは、コントラストの少ないので単色に見えますが、
よーく見るとべっ甲色の模様が見えて上質な仕上がりになっています。
別注色の素材は、国内唯一の純国産のアセテートメーカーのタキロンローランド社のものを使用。
化学的な可塑剤を極力使用せず純度が高いので、素材自体が硬質で経年劣化も少ないです。

イメージを例えると「焦がしたクリーム」に近い色。
色の印象を例えると、クリームブリュレのような感じです。フランス語を直訳した「焦がしたクリーム」という表現が、この色に近いです。
カスタードの上にのっている砂糖をガスバーナーで焦がして、硬くて焦げたキャラメルがところどころにあり、それがアクセントとなり上質さを引き出しています。また、焦げてほろ苦くなった部分が、甘さを引き立たたせるように、この別注色も薄ら焦げめがつくことで、色に奥行き感が出ます。テンプル(ツル)の内側には、「荒岡眼鏡」の名前が入っています。


子ども用に安全の基準を高めて作られた眼鏡は、大人にとってもさらに安心
子ども用に安全の基準を高めて作られた眼鏡は、大人にとってもさらに安心してかけていただくことが出来ます。
眼鏡を身に付ける人が安心してかけられることを最優先に考え、実直にモノづくりをやってきた谷口眼鏡が作った眼鏡です。自信を持っておすすめします。


TURNING Step  | ターニング ステップ
PRODUCT NAME: TP-333
COLOR: 荒岡眼鏡 別注色
PRICE: 25,920 yen(w/tax)

blinc vase|ブリンク ベース
〒107-0061
東京都港区北青山3-5-16 1F(MAP)
OPEN:平日 12:00~20:00 / 土日祝日 11:00~20:00
CLOSE:月曜日(祝日の場合は振替で火曜日休業)
TEL:03-3401-2835
Mail:vase@blinc.co.jp

2019-06-14 | Posted in BLOG, 入荷情報 | タグ:  

関連記事