blincvase

blinctoppage

C.W.Dixey&Son|シー ダブリュー ディキシー アンド サンの新しいシリーズ、IMPERIAL

C.W.Dixey&Son|シー ダブリュー ディキシー アンド サンの新しいシリーズ、「IMPERIAL」は、清の第6代皇帝 「乾隆帝(けんりゅうてい)」をイメージして作られました。

その 乾隆帝とはどんな人物だったのでしょうか?
ブリンク ベースでも、歴史に詳しいスタッフの田代に聞いていました。

一言で分かりやすく表すのでしたら乾隆帝は「ホームランを打った」皇帝

第4代康熙帝が反乱の火種を鎮圧し、事実上中国を統一し、第5代雍正帝は税制度や公用語の制定、国費の節約など内政を重視した政策を生涯全うしました。
そのガチガチに固められた土台がお膳立てされた上で即位したのが第6代の乾隆帝でした。

国内は統一され、財政も潤っている、そんな状況があったからこそ外征に専念し、清王朝史上最大に勢力拡大することを実現できたのです。
乾隆帝はその潤った国費を自らの趣味でもある古美術品や文物に費やし、それを収蔵する収納箱や包装にもこだわりがあったようです。

この話だけ聞くと乾隆帝は康熙帝(祖父)、雍正帝(父)によって用意された最高の状態で美味しいところだけをもらった贅沢なイメージを持ってしまいますが、彼は「このような人生を送れているのは紛れもなく祖父や父の功績であり、それらを無駄にしないように豊かで平和な世の中を築ける皇帝でなければならない。」との意味を含んだ言葉を残しております。
その後乾隆帝は60年に及び国家を統治しましたが、祖父である康熙帝の在位期間61年を超えてはいけないという尊敬の思いで1795年に生前退位をしました。
ちなみに乾隆帝は1711年に生まれて1799年88歳で亡くなり当時にしてはかなりの長寿でした。
(スタッフ田代)

C.W.Dixey&Son|シー ダブリュー ディキシー アンド サンと乾隆帝の出会い

1700年代のイギリスと中国の清王朝の貿易関係は中国の広州一港に絞られておりました。イギリスは1700年代中頃に産業革命を成功させており、毛織物などの市場を増やすために広州以外の港を開けさせて自由貿易を進めようとしました。
その通商条約の交渉を行うために1793年にジョージ3世の命によりマカートニー使節団が初めて中国の清王朝へ派遣されました。

しかし単なる自由貿易交渉では受け入れられることもないので、乾隆帝の生誕80歳の祝賀という名目の使節団として乾隆帝との謁見を許されました。
その際にマカートニー使節団が多くの献上品を携えた中にC.W.Dixey&Son|シー ダブリュー ディキシー アンド サンが乾隆帝のために特別に製作した望遠鏡が含まれていたと言われております。

その望遠鏡はラピスラズリとゴールドにより装飾され、美術品の収集家であった乾隆帝には喜ばしい品であるとともに、貿易や植民が既に盛んであったイギリスが光学機器である望遠鏡を差し上げたことは自らの国の光学技術の高さを遠回しに示し、「自由貿易しましょうよ!」というメッセージ性も含まれているかもしれませんね。私の飛躍した推測ですが….(笑)
(スタッフ田代)


学生時代から「三度の飯より眼鏡が好き」ということ高じてうちのショップに入ったスタッフの
新井にC.W.Dixey&Son|シー ダブリュー ディキシー アンド サンと今回の新しいシリーズ、「IMPERIAL」について聞いたみました。

C.W.Dixey&Son|シー ダブリュー ディキシー アンド サンが放つオーラ

数多くの眼鏡のある中でデザインを見ただけで瞬時に、ブランドを察知して特定することは、眼鏡屋の私でも困難な場合が殆どです。 しかし、1773年創業、230年以上の歴史を持つアイウェアブランドとなると話が違います。

どのモデルも特徴が際立った個性的なデザインでもないし、大きなブランドロゴがあるわけでもないです。 ですが、このブランドを知っている方であれば間違いなく、そのオーラや佇まいからC.W.Dixey&Son|シー ダブリュー ディキシー アンド サンだと、全て断定できるに違いないはずです。

このオーラや佇まいは、世界最古のメガネブランドであるということはもちろん、フランスのナポレオン・ボナパルトの 望遠鏡を制作した歴史、英国の英雄ウィンストン・チャーチル首相が愛用したという事実など、他ブランドでは決して真 似することのできない様々な要因から形成されています。
(スタッフ新井)


C.W.Dixey&Son|シー ダブリュー ディキシー アンド サン
PRODUCT NAME: IMPERIAL 02COLOR: Imperial Blue
PRICE:¥57,780(w/tax)


C.W.Dixey&Son|シー ダブリュー ディキシー アンド サン
PRODUCT NAME: IMPERIAL 03
COLOR: Imperial Blue
PRICE:¥57,780(w/tax)


C.W.Dixey&Son|シー ダブリュー ディキシー アンド サン
PRODUCT NAME:IMPERIAL 03
COLOR: Tortoiseshell
PRICE:¥57,780(w/tax)


C.W.Dixey&Son|シー ダブリュー ディキシー アンド サン
PRODUCT NAME: IMPERIAL 01
COLOR: Pearl Grey
PRICE:¥57,780(w/tax)

新シリーズ「IMPERIAL」の魅力とは?

今回の新しいシリーズ、「IMPERIAL」にもまた、ブランドのバックグラウンドが色濃く反映されています。国立海洋博物館(ロンドン・ブリッジ)が所蔵する、C.W.Dixey&Son|シー ダブリュー ディキシー アンド サンが、新6代皇帝・乾隆帝のために制作したゴールドとパールそしてロイヤルブルーが目を惹く望遠鏡からインスピレーションを得た色遣いは、どれもその日のコーディネートをワンランク上に昇華してくれるはずです。

また、清朝時代を力強く生きた乾隆帝を象徴するかのように、これまでのシリーズと比べると少し厚めの生地を用いて、 フロントとテンプルを繋げる金具も5枚蝶番が採用されました。
芸術をこよなく愛した乾隆帝も唸ったであろう名品を、200年以上の時を経てアイウェアという形で表現したC.W.Dixey&Son|シー ダブリュー ディキシー アンド サン。
是非一度、お気軽にお立ち寄りいただき、実際にお手に取って C.W.Dixey&Son|シー ダブリュー ディキシー アンド サンの魅力を感じていただけたら幸いです。
(スタッフ新井)

blinc vase|ブリンク ベース
〒107-0061
東京都港区北青山3-5-16 1F(MAP)
OPEN:平日 12:00~20:00 / 土日祝日 11:00~20:00
CLOSE:月曜日(祝日の場合は振替で火曜日休業)
TEL:03-3401-2835
Mail:vase@blinc.co.jp

関連記事