blincvase

blinctoppage

ビスポークのオーダーが人気のSAVILE ROW|サヴィル ロウについて

伝統的な製法で作られるイギリスの老舗ブランドのサヴィル ロウの眼鏡は、イギリス本国でビスポークで1本からオーダーで作ることが出来ます。
ビスポークというと価格がとても高くなるだろうと心配する方も多いと思いますが、
実はそうでもないのです。
ただし、お時間だけは、一から作るので約2ヶ月かかります。
サヴィル ロウのビスポークに関する過去の記事を以下にまとめたので、ぜひご覧ください!

SAVILE ROW|サヴィル ロウ でビスポークの眼鏡をあつらえてみませんか?(前編)
オーダーメイドって素敵ですよね。スーツ、靴、帽子やカバンなど、世の中に溢れている膨大な数の既製品ではなく、自分だけのためにあつらえたものを身にまとう快感。サイズを測って、ディティールを決めて、オーダーをしてから届くまでの時間を楽しみに待つ。出来上がるのは、世界に一つだけの「あなたのために作られた」もの、、ブリンクでも、実はオーダーメイドで特別な眼鏡を作れるのはご存知ですか?
(続きは、コチラ

SAVILE ROW|サヴィル ロウ でビスポークの眼鏡をあつらえてみませんか?(後編)
一つ一つ吟味して選んだオーダー。お客様がこだわり抜いたその内容は、サヴィル ロウ専用のオーダーシートに記入の上しっかり店舗で保管されます。そして、ブリンクから送られたオーダーを元に、イギリスにあるサヴィル ロウの工場で一本ずつハンドメイドで製作。約2ヶ月〜3ヶ月の納期でお客様の手元に届きます。
(続きは、コチラ
一生に一度は作ってみたいビスポーク眼鏡の魅力 SAVILE ROW | サヴィル ロウ
お好みに合わせて1本から製作可能
すでにご存じの方も多いと思いますが、そのSAVILE ROW|サヴィル ロウ の眼鏡は、1930年代からある自社の工房、アルガワークスで伝統的な製法で作られております。サヴィル ロウの眼鏡は、1本の眼鏡を作るのに130個の工程があり、昔からの古い製造方法で1本づつ作られます。その特性を活かしてブリンク ベースでは、お客さまの好みに合わせてビスポークで1本から製作が可能です。
(続きは、コチラ80年以上も変わらない伝統的な製法、「ROLLED GOLD(ロールドゴールド)」
イギリスの老舗ブランド、サヴィルロウの母体となる眼鏡工場、Algha Works(アルガワークス)には、創業以来80年以上も変わっていない「ROLLED GOLD(ロールドゴールド)」と呼ばれる伝統的な製法があります。
(続きは、コチラSAVILE ROW|サヴィル ロウ の新たなカスタム、ENGRAVEDがラインナップ。
レンズシェイプ、フレームカラー、テンプルの形状などを組み合わせて自分だけのカスタムアイウェアを作ることが出来る SAVILE ROW|サヴィル ロウ 。そのカスタムに新たなラインナップが加わりました!!
(続きは、コチラSavile Row | サヴィル ロウ (OSRC5)の次の『NEW STANDARD』
ブリンク ベースではお馴染みのSAVILE ROW | サヴィル ロウですが、ニュースタンダードとして新たなモデルを加えました。サヴィル ロウはロンドンで1932年より紡がれる長い歴史の中で、多くのモデルを製作しています。今回ご紹介するのは、“レンズ上下の幅”と“掛け位置”にこだわった3つのメガネです。
(続きは、コチラ

また、ご興味ある方は、フレーム、パーツ、カラーのサンプルなどご用意しておりますので、ぜひお気軽にショップにお越しください。

サヴィルロウのビスポークの関連記事一覧

一生に一度は作ってみたいビスポーク眼鏡の魅力 SAVILE ROW | サヴィル ロウ

SAVILE ROW|サヴィル ロウ でビスポークの眼鏡をあつらえてみませんか?(前編)

SAVILE ROW|サヴィル ロウ でビスポークの眼鏡をあつらえてみませんか?(後編)

80年以上も変わらない伝統的な製法、「ROLLED GOLD(ロールドゴールド)」

SAVILE ROW|サヴィル ロウ の新たなカスタム、ENGRAVEDがラインナップ。

Savile Row | サヴィル ロウ (OSRC5)の次の『NEW STANDARD』

ブリンク ベース
住所|東京都港区北青山3-5-16 1F
TEL|03-3401-2835
営業時間|平日12:00 – 20:00、土日祝日11:00 – 20:00
定休日|月曜日

関連記事