blincvase

blinctoppage

Megane GENTS & 美女 Chika Higashi | ひがしちか

Chika Higashi01今回の『Megane GENTS & 美女』は日傘作家・デザイナーのひがしちかさんにお話を伺いました。ひがしさんは2010年に1点物の日傘屋としてCoci la elle(コシラエル)を立ち上げ、清澄白河にアトリエ兼ショップ、今年4月には代官山に2号店を出店、同春にはビジュアル・ブック『かさ』を発売するなど精力的に活躍されています。

ビジュアル・ブック『かさ』
何気ない日々の感情や風景を拾い上げて生まれる色彩や絵柄、ユーモアを織り交ぜた
斬新な表現によって生まれる傘たち。
ブランド名でもある手仕事への敬意を込めた言葉、『拵える(こしらえる)』という世界がたくさん詰まった1冊です。

Chika Higashi04
Chika Higashi05

ひがしさんは、お会いしてみると、カラフルな作品と同じように、お話をしながら表情がくるくるかわる、とてもお茶目でチャーミングな女性でした。
世の中にたくさんのものがあふれる時代に、1点物の日傘屋をスタートした経緯や、ひがしさんの眼鏡選びについてお伺いしていきます。ぜひ、ご覧ください。

[ 余談ですが ]
ひがしさんのお話はご紹介したい事が沢山あったのですが、文字数の関係でいろいろなお話をカットしてしまいました…。ブログで少しだけご紹介します。

<聞き手>
コシラエルの雨傘は「3月の雨」など、月がタイトルになっているものがあって、誕生月のものを贈ったりするのも楽しそうですね。ひがしさんは1年中で、好きな雨が降る時期はあるのでしょうか?

<ひがしさん>
うーん…。ないです(笑)。

<聞き手>
そうなんですね(笑)。

ChikaHigashi02

<ひがしさん>
ちなみに、『3月の雨』は、アントニオ・カルロス・ジョビンという方の曲のタイトルなんです。とってもいい曲で、歌詞を調べてみたらまたすごくよかったんですよ。
12か月の12本の傘が作りたいなと思って、1月~12月の雨の歌を探していたときに見つけたんです。ジョビンはブラジル音楽を代表する作曲家で、すでに亡くなっている人なんですけど、この歌の歌詞から選んだ言葉をタイトルに雨傘シリーズをつくりました。

「木の枝、石ころ、行き止まり
切り株の腰かけ 少しだけひとりぼっち・・・」
散文というか、ただ単語が並んでいるような曲で、エリス・レジーナという女性歌手との歌のかけあいもすごくよくって、その歌をカラオケで歌いたいと思って練習したんです。

<聞き手>
ポルトガル語ですよね!?

<ひがしさん>
そうなんです。外国の中学生の女の子がYoutubeにアップしているものを見つけて、それがすっごく素敵で、私も歌いたいと思って、ポルトガル語で歌いたいと思いながら調べていたら、だんだん歌詞が素晴らしいことに気がついて、この傘のシリーズができました。
雨は、いつの雨でも好きですね。

<聞き手>
雨って歌の題名にもよく入っていますし、抒情的ですよね。

<ひがしさん>
そうそう。

<聞き手>
カラオケで『3月の雨』は歌われたんですか?

<ひがしさん>
ううん、歌ってないです(笑)。
菊池成孔さんが歌詞の解説をされていて、ラジオでお話されているものもYoutubeで聞くことができました。テキストに起こされているのも、探せば見つかると思います。
いろんな方がこの曲を歌っていますが、私はアントニオ・カルロス・ジョビンとエリス・レジーナの歌った歌が好きです。くせになっちゃうの。

<聞き手>
ひがしさんがそんなにおっしゃるなら、これは聞いてみないとですね!

ChikaHigashi03

-この後、壁にかかっていた能面にまつわるお話もしてくださり、ひがしさんの好奇心と、くるくる変わるチャーミングな表情に、終始引き込まれてしまいました。ひがしさんがお話してくださった能面のお話が気になる方は、ショップで高桑にお尋ねください。

それでは、『Megane GENTS & 美女』ぜひご覧ください。
http://blinc.co.jp/meganegents/

 

blinc vase|ブリンク ベース
〒107-0061
東京都港区北青山3-5-16 1F(MAP)
OPEN:平日 12:00~20:00 / 土日祝日 11:00~20:00
CLOSE:月曜日(祝日の場合は振替で火曜日休業)
TEL:03-3401-2835
Mail:vase@blinc.co.jp

2017-09-13 | Posted in BLOG, Megane GENTS & 美女 | タグ:  

関連記事