こんなデザイン他にない!伝説のミュージシャンが愛した、 FAOSA|ファオーサ の眼鏡。

FAOSANEW ARRIVALS

FAOSA01b

みなさまこんにちは。

10代の頃からロカビリーにどっぷりハマり、今でも50年代アメリカが大好きな、
ブリンク外苑前マネージャーの矢澤です。

今日ご紹介するのは、日本ではおそらく、まだ誰も見たことがない眼鏡。
50年代のアメリカが好きな方には堪らない、そうでない人にもオススメしたいFAOSA|ファオーサの眼鏡です。

 

メキシコの大統領も愛用!?実はスゴいブランドだった『FAOSA』

FAOSA07

1925年、メキシコで設立されたFAOSAは、50年代には100人以上のスタッフを雇い、月に15,000本ものフレームを生産するまでに規模を拡大。

メキシコだけでなく、アメリカのマイアミにも自分たちの店舗をオープンするまでになりました。

キューバの政治家フィデル・カストロや、なんと当時のメキシコの大統領も愛用したことにより、メキシコ屈指のブランドに成長したのです。

 

ずっと探していた、伝説のミュージシャンが掛けていた眼鏡。

FAOSA02b

そして、FAOSAの人気を決定づけたのが、1950年代アメリカで活躍したミュージシャン、Buddy Holly(バディ・ホリー)がFAOSAの『ZAFIRO』というモデルをかけたこと。

その上品なルックスと対照的にダンサブルなロックサウンドで『眼鏡をかけたロックンローラー』として当時絶大な人気を誇ったバディ・ホリー。

彼が掛けていた眼鏡はどこのものなんだろう?僕がロカビリーにハマっていた10代の頃から、ずっと抱いていた疑問の答えがこのFAOSAでした。

 

こんな眼鏡他にはない!!衝撃のヴィンテージデザイン。

FAOSA03

FAOSAのフレームは、何と言ってもこの大きくつり上がったレンズシェイプが特徴。それを強調するために、さらにフレームの端をカリカリに角ばらせています。

今人気の丸いタイプの眼鏡とは180度違う。一度見たら忘れられない、あえて顔なじみを無視した大胆なデザイン。

思わず掛けてみたくなる、不思議な魅力があります。

 

ミラーレンズでカスタムした、blinc的新提案。

FAOSA05

元々FAOSAのフレームは全てクリアレンズの眼鏡フレーム。サイズも大きく、眼鏡として掛けるにはかなりのインパクトでした。

そこで、ブリンクでは今注目している薄めカラーのミラーレンズを入れて、サングラス仕様にカスタム。
(ミラーの入っていない濃い色のサングラスレンズや、クリアレンズのタイプも在庫ございます)

程よくモダンに、でもデザインのヴィンテージ感はそのまま。いいバランス感に仕上がりました。

最近どれも同じようなものばかりで、眼鏡がつまらないと思っているみなさま!ブリンクの新しい提案、FAOSAの眼鏡はいかがでしょう?

FAOSA04

FAOSA|ファオーサ
(上)
PRODUCT NAME: Zafiro
COLOR: Black
PRICE: 28,080 yen (w /tax)

(下)
PRODUCT NAME: Tampico
COLOR: Black
PRICE: 25,920 yen (w /tax)

Text: Naoto Yazawa
Illustration: Mai Nagao

blinc|ブリンク外苑前
〒107-0062   東京都港区南青山2-27-20 植村ビル 1F
南青山3丁目交差点から30メートル,東京メトロ銀座線 外苑前駅 1a 出口より徒歩2分
営業時間  12時 〜20時(土日祝日は11時 〜20時)
定休日    月曜日   (月曜日が祝日の場合は、営業。翌火曜日が休み)
Tel 03-5775-7525

BRANDS

#
A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
V
W
Y