blinc beauty no.14 ayame | アヤメ と考えた、大人女子のためのキャットアイメガネ <デザイン編>

blinc beautyDA-TE MEGANE

bb_14_2_1

色気のある大人っぽさを演出できるキャットアイメガネは、アイウェアの専門家としてさまざまなモデルを見てきたブリンク女性スタッフが、女性のお客様に一度は掛けてほしいと願う魅力的なアイテムです。でも、その魅力とは裏腹に日本人女性にとっては、掛けるのが難しいものでもありました。そこで、ブリンク、ブリンク・ベースでは、日本人に似合うジャパンメイドのアイウェアで人気のayameのデザイナー・今泉悠さんに、キャットアイメガネの開発を依頼。1年に渡るやりとりを経たコラボレーションによって、形も色も申し分ない、理想のフレームが生まれました。

bb14_1_8
ayame|アヤメ
PRODUCT NAME: ABC
COLOR: BLACK
PRICE: 32,400 yen(w/ tax)

新谷(blinc beauty):今回、ブリンク・ベースの女性スタッフ・野田を中心に、ブリンクの長尾、新谷のアイデアも合わせて、ayameの今泉悠さんとやりとりを重ね、まさに理想のフレームを作っていただきました。今泉さん、ありがとうございます。シンプルなブラックもいいですよね。

bb14_1_9
今泉(ayameデザイナー):ayameは、ファッションブランドとコラボすることは多いですが、今回のように、一から共同制作するというのは、僕もはじめてでした。その相手が、メガネをよく知るブリンクだったことを嬉しく思っています。最初は「大人の女性のアイウェア」ということだったんですよね。トレンドが続いているウェリントンも考えましたが、女性のためのメガネとして一番に浮かぶのは、やっぱりキャットアイ。これ、欧米人は掛けやすいんですが、日本人には、確かに難しいフレームなんです。だったら、むしろその難しさに挑戦してみよう、というやりとりからコラボが進んで行ったんですよね。

bb14_1_10
野田(blinc beauty):まさに「猫目=キャットアイ」のデザインが欲しかったんです。きゅっとつりあげて目尻をちょっと下げる、そのラインの描き方が極端すぎると一気に強い女性のイメージになってしまう。日本人女性にあうちょうどいいバランスのものは、あまりありませんでした。今泉さんは、その微妙なニュアンスをよく理解してくださって嬉しかったです。

bb14_1_11
長尾(blinc beauty):顔とのバランスでいうと、小さいとカッコよくなりすぎるし、大きすぎるとバランスが悪くなる。ミディアムサイズがちょうどいいんだけど、幅は、顔幅よりは大きいほうがかわいい、などなど、私たちのこだわりはいっぱいありましたよね。

野田:私は、やっぱり目尻のラインにこだわりたかったですね。考え方は、メイクのアイラインと一緒です。目尻にかけて一度上がって、下がって、最後にもう一度ちょっと上げる。この最後の「ちょっと上げる」が、セクシーな印象を与えるんだと思うんです。

今泉:そうなんです。ブリンク、ブリンク・ベースでは、スタッフの意見だけでなく、毎日店頭でお客様の反応を見て要望をヒアリングしているから、オーダーがとても詳しくて的確でした。そこはとても信頼していましたね。僕は、デザイナーなので、形に関しては、自分なりのこだわりも表現できたし感覚を共有できたと思いますが、実をいうと、色に関しては、どれを選ぶのか、女性のみなさんに委ねたところがあります。

bb14_1_12
bb14_1_13
ayame|アヤメ
PRODUCT NAME: ABC
COLOR: PINK
PRICE: 32,400 yen(w/ tax)


新谷:ヨーロッパの古い映画でも、キャットアイを掛けた女性は、大抵、強い女。でもその強い女性には、セクシーさもあるんですよね。キャットアイのセクシーな部分はそのままに、掛けやすいものと考えた時に、ひと目で「かわいい!」と感じる色があったら、お客様が手を伸ばしてくれるんじゃないかと思いました。

長尾:今泉さんの色の提案に対して「もっと薄い色はないですか?」ってリクエストしちゃいましたね。それで生まれたのがこのピンクやグレーです。

野田:ピンクは、クリアに近い薄いものを選び、グレーはマットに。赤は、大人っぽく透け感のある赤にしました。とくに赤は、掛けるとブラウンに近い感じになるので、仕事場でもシックに掛けられると思います。

bb14_1_14
今泉:女性らしい発色のアセテートというと、やはりイタリアのマツケリ社のものがいいと思い提案しました。メガネはファッションアイテムでもありデザインも重要ですが、僕が一番大切にしているのは、やはり掛け心地や使いやすさの部分です。掛けやすく、顔になじむメガネがいいメガネだと思うんですね。デザインに目が行きがちなキャットアイですが、今回のコラボモデルは、機能も備えたいいものに仕上がりました。

日本人に似合うメガネを日々考えるayameの今泉さんと、ブリンク女性スタッフだからこそできたキャットアイ。後編は、その知られざる美容効果とコラボモデル5色の詳細に迫ります!お楽しみに。
〈後編はこちらから「ビューティー編」〉

Photos:Toru Kometani Text&Edit:Saiko Ena

BRANDS

#
A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
V
W
Y