E.B. Meyrowitz|E.B. メロヴィッツ パリ本店、秘蔵の地下ギャラリーをレポート。

E.B. Meyrowitz

ebshop_front

当店でも人気のフランス老舗ブランド、E.B Meyrowitz(E.B メロヴィッツ)。
ブランドの歴史や、その奥にある様々なエピソードをひも解くべく、パリにある本店にお伺いしてきました。
その当時、セレブリティやブルジョアの皆さんが、この本店に行くことがステイタスとされていた時代もあったそう。日本に住んでいるとなかなかショップに訪れるのは難しいものですが、この記事で少しでも、E.B. Meyrowitz|E.B. メロヴィッツの歴史の重みが伝われば光栄です。

ebshop_inside

メロヴィッツの本店があるのはパリの中心地、古くから高級メゾンやジュエラーが軒を連ねるヴァンドーム広場。
近くにはブルガリやカルティエ、ヴァン クリーフアンドアーペル、ジャガールクルト、ブシュロンなど錚々たるブランドのフラッグシップが店を構えています。店内は格式ある調度品で揃えられ、取材時に来店されたお客様も一目でセレブリティと分かる方々ばかり。

ebframe_all

パリが誇る名店が作るブランドとして、フランス国内では広く認知されているメロヴィッツ。本店のラインナップは流石に充実しています。
さらに必見なのがこちら…。

ebgarrely1

メロヴィッツ本店地下には関係者しか入れないギャラリーがあるのです!!
その驚きの内容をご紹介します!!

ebgallery_mone

まずこれはクロード・モネに眼鏡を届けた際に送られた直筆の感謝状です。

ebgallery_aviator

初めてパリ-ニューヨーク間の大西洋無着陸飛行を成功させた飛行士リンドバーグのゴーグル、そのうちの一つもメロヴィッツが作っています。

ebgallery_aviator2

他多くの飛行士にもゴーグルを提供しています。

ebgallery_per

さらにPersol|ペルソールの垂涎もののヴィンテージや…

ebgallery_op

少なく見積もっても6~70年は前のメタルフレーム…

ebgallery_pc

ショーやランウェイで使われたと思われるピエール・カルダンのヴィンテージなどなど。

ebgallery_op2

まだまだ紹介しきれない眼鏡がいっぱいです!! そして極めつけは…

ebgallery_milk

1930~40年代に作られたとされるこの丸眼鏡。なんとセル生地にミルクを混ぜて作られているそうです!!
詳しい作り方は分かりませんが、柄を出すのと強度を高めるための手法だそう。

eb_man
さすが、メガネがとても良く似合っているJean-Manuel Finot氏は、パリ本店の現支配人。取材にも快く応じてくれました。

ブリンクではこれからもE.B. Meyrowitz|E.B. メロヴィッツの誇る伝統や格式を通じて、その魅力を皆様にお伝えしますのでお楽しみに!!

 

*E.B. メロヴィッツのblinc ONLINE STORE取扱い商品はこちらからご覧いただけます。

 

〒107-0062 東京都港区南青山2-27-20 植村ビル 1F
南青山3丁目交差点から30メートル,東京メトロ銀座線 外苑前駅 1a 出口より徒歩2分
営業時間  12時 ~20時(土日祝日は11時 ~20時)
定休日    月曜日 (月曜日が祝日の場合は、営業。翌火曜日が休み)
Tel 03-5775-7525

BRANDS

C
D
E
F
G
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
V
Y