独自のセンスとその世界観を放つPETER AND MAY (ピーターアンドメイ)

PETER & MAY

PETER-AND-MAY-2022_4

パリのデザイナーLauraが手掛けるブランド、PETER AND MAY (ピーターアンドメイ)。
パリで生まれてパリで育った彼女は、某高級ブランドでキャリアを積み、2012年にブランドをスタートさせました。
当初はアパレルのファッションストアを中心にサングラスのコレクションを展開していましたが、
今では度付き眼鏡にも対応した眼鏡のコレクションを展開しています。

独自のセンスとその世界観を放つヴィジュアル
彼女の世界観を表現したヴィジュアルを見ると、そのセンスの良さが際立ち、どんなブランドかすぐに伝わると思います。

彼女のコレクションの特徴は、フランス語でいうと”Allure(アリュール)”です。エレガントに現代の要素が混じり、日々の生活にを豊かにしてくれます。
しかし、その華やかなコレクションの裏側には、あまり知られていないこだわりがたくさんあります。

PMblog06

あまり知られていないメガネづくりのこだわりどころ
今シーズンのBLACK、CRYSTAL、SAGUAROカラーには、環境に配慮したバイオアセテートの素材を使いました。ツル(テンプル)に「BIO」と書いた刻印が入っています。

フロントとツル(テンプル)を接合するヒンジは、最高級なものを使用し5枚丁番を採用し耐久性に優れています。スムーズな開閉の動きと緩みづらい構造にしています。

サングラスのレンズもこだわりがあり、反射防止のコーティングを付けています。また、ガラスレンズは世界有数のレンズメーカーのイタリアのバルベリーニ社製のものを仕様しています。
セミフラットや偏光レンズを使用しているものもあります。
センスの良いデザインや色使いの背後にある眼鏡づくりのこだわりには、実は理由があります。

幼い頃から眼鏡に慣れ親しんだ環境に育ったナチュラルボーン
パリのメガネやサングラスのトレンドを作り出すアイウエアのセレクトショップ、「marc le bihan(マー クルビアン)」というお店があります。

ヨーロッパやアメリカの多くのブランドが、この「marc le bihan(マーク ルビアン)」に取り扱って欲しいというほど、フランスの眼鏡界の登竜門的な存在です。

あまり知られていない話ですが、「marc le bihan(マーク ルビアン)」は、LAURAのお祖父さんが立ち上げ、お父さんが跡を継ぎました。幼い頃から眼鏡に慣れ親しんだ環境に育ったナチュラルボーン、生まれながらのアイウエアデザイナーだったのです。その眼鏡づくりのこだわりは、血筋だったのです。

PMblog05

女性スタッフの井橋が選んだ3モデルをご紹介
洗練されたデザインから、最近はストリートモードなものまで、様々なスタイルを見せてくれていますが、PETER AND MAY (ピーターアンドメイ)の魅力の1つでもある独特なカラーリングがとにかく面白いです。
かける人のスタイル次第で、合わせることができてユニセックスで楽しむことが出来ます。

PMblog01PETER AND MAY | ピーターアンドメイ
PRODUCT NAME :LANDO
COLOR:BEIGE
PRICE:41,800yen (w/tax)

ポテッと柔らかく可愛らしい雰囲気のLANDO。
一見シンプルなデザインに見えて、絶妙な生地のボリューム感と
フロント上部の直線的なラインが特徴的です。

その中でも人気のあるBEIGEは、肌の色に
自然と溶け込んでくるので不思議とどんな肌色でも合います。
クリアフレームを初めてかける方にもオススメ。

PMblog03
PETER AND MAY | ピーターアンドメイ
PRODUCT NAME :DUNE
COLOR:cloudy
PRICE:41,800yen (w/tax)

レンズのカタチがとにかく綺麗なDUNE。
かけても主張し過ぎず、かけるシーンを選びません。

新色でもある、cloudyは落ち着いた色味ですが
透明感があるので顔馴染みがとても良く
かける人の印象を優しく見せてくれます。

PMblog02PETER AND MAY | ピーターアンドメイ
PRODUCT NAME :ROSA
COLOR:yellow tortoise
PRICE:41,800yen (w/tax)

映画のワンシーンに出てきそうな
80年代感あるレトロな雰囲気のROSA。

縦幅もあり、ゆったりとしたサイズ感ですが
フロントからツルの先端まで続く
華奢なラインが知的な印象に見せてくれます。

 

ヘアカラーや服のスタイルに合った
自分好みのカラーリングとモデルを
是非一度探しにきてください。

blinc|ブリンク外苑前
〒107-0062 東京都港区南青山2-27-20 植村ビル 1F
南青山3丁目交差点から30メートル,東京メトロ銀座線 外苑前駅 1a 出口より徒歩2分
営業時間 : 12時 〜20時(土日祝日は11時 〜20時)
定休日 : 月曜日 (月曜日が祝日の場合は、営業。翌火曜日が休み)
Tel : 03-5775-7525

BRANDS

C
D
E
F
G
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
V
Y