Lawrence Jenkin Spectacle Maker | ローレンス ジェンキン スペクタクル メーカー

1970年代にオリバー・ゴールドスミス、カトラー アンド グロスと並び、イギリスの3大クラシックアイウェアブランドの1つとして人気を博したアイウェアブランド「アングロ アメリカン アイウェア(Anglo American Eyewear)」。そのデザインを手がけたことで知られるローレンス・ジェンキン(Lawrence Jenkin)は一度、表舞台から退いたものの、この度ブリンクディレクター・荒岡が復活を口説き、スタートした新ブランド。日本での取扱はブリンクのみ。